「プレミアムコンパクトデジカメ」って、小さいのにすごい!!【基本編】の続き

こんばんは、あみりんです。

今日は、昨日に引き続き、コンパクトカメラのなかの保留してた、「プレミアムコンパクトデジカメ」について、レクチャーするよ。

前に言ってたとおり、カメラにはレンズから入ってきた画像を読み取る(受け止める)センサーがあるんだけど、普通のコンデジとちがって、大きなセンサーをつんだカメラがあります。

具体的には、コンデジが1/2.3インチに対して、大型が1.0インチや1.5インチ・・・。

それが「プレミアムコンパクトカメラ」って位置づけです!。

さらにすごいのは、センサーだけじゃなくって、レンズ自身もF値が2.0とか1.8とかの明るいレンズを搭載していること!。

*F値は数字が小さいほど明るいレンズだよ。

価格は5万円~10万円なんてのもあるよ(>_<)。

じゃあ、どういう人が使うのかというと、ズバリ!機動性重視の方。

小さくて、軽い!、超高画質でボケ味もたのしめて、さらにさらにWi-Fiはもちろんのこと、ものによってはバリアングル液晶(反転型液晶)や防滴もあります。

山登りが趣味な方や一眼をいままで使っていて機動性重視に切り替えた方など、若いひとからお年寄りの方まで幅広く人気があります。

当然、マニュアルダイヤルも搭載していて、絞りやシャッタースピードをコントロールした写真もとれちゃいます。

弱点といえば、レンズが交換できないことと、高倍率が苦手なこと。

高倍率に関しては、「一般のコンパクトデジカメ」や「一眼レフカメラ」「マイクロ一眼レフカメラ」にゆずってる感じかな?。

今回、センサーサイズの図が手に入ったので、参照してください。
グラフィックス99.jpg

どうですか?。具体的なサイズ比の実感が沸いたでしょうか?。

さいごに、わすれてはいけないのが、映像処理エンジンです!。

コンピューターで言うところのCPU(セントラル・プロセッシング・ユニット)で、画像を処理するコンピューターです。

各社いろいろな名前をつけていますが、基本 性能があがれば、処理が速くなり、レリーズタイムラグが少なく(撮影間隔が小さく)連写が出来たり、かつセンサーサイズが小さくても高画質が得られたりするので、すごく重要な部品です。

コンパクトカメラ編は今回で終了です。

一応、「基本編」ということで記述しましたが、どうだったでしょうか?。

次回は少し離れて、、、と言っても、デジカメとは切っても切れない、「SDカード」のお話をしようと思います。

何GBで何枚とか?、何GBが適正なのか?、どんな種類があるのか?、など・・・。

ぜひ、楽しみにしててくださいね(^_-)-☆。

ではでは~。

あみりんでした。。。

この記事へのコメント