単焦点レンズを買いました!!(EF50mm F1.8 STM)*35mm換算80mm

こんにちは、あみりんです。

今日、一眼レフ用の単焦点レンズを買ってきました。
IMG_0326.JPG

いつも使っているレンズは(EFーS18-135mm F3.5-5.6 IS STM)なんですが、もっと明るいレンズが欲しかったのでF値が1.8のものを選びました。

で、今回はレンズに関して記載しようと思います。

メーカーさんによって表記はちがうんですが、以下に意味を書くので参照して下さい。


EF・EF-S・EF-M・TS-E→レンズのマウント(レンズとカメラの接合部)や種類を示しています

18-135mm→焦点距離でそのレンズがカバーする範囲を示してます。この数値が小さいほど広い画角(広角)で、大きいほど遠くの被写体をとらえます(望遠)

F値→レンズの明るさを示してます。小さいほど明るいレンズとなり、末尾に(L)などの表記があると高級レンズの意味があります。*(L)のほか(DO)などもあります

IS→レンズ内に手ぶれ補正機構をもっていることを示します。一般的にカメラ内にも補正機構はあるので、(IS)表記のあるレンズと組み合わせると効果は大きくなります

STM→フォーカス機構を示してます。STMは(ステッピングモーター)をオートフォーカスに採用していて、スムーズで静かなフォーカスを実現しています。また、USM(超音波モーター)表記は素早いフォーカスが可能となっています


次に、レンズの種類です。

一般的にズームレンズとして細分化されていて、超広角レンズ・広角・標準・望遠の4つがあります。

表記の特徴は〇〇mm~〇〇mmとズームレンズなので幅があります。

広角時に数値が小さいほど超広角となります。

で、その数値が8mmとかだと「フィッシュアイレンズ」というラインナップがとかがあって、よくグニュと曲がった写真があると思うんですが、属に「魚眼レンズ」と呼ばれます。

一方で、レンズズームができない「単焦点レンズ」というものがあります。

これは、きれいなボケ味や広角、明るさが魅力のレンズです。

*わたしが今回買ったのは50mm(35mm換算80mm)の標準の区分で、F値1.8の明るさ、ありのままの描写が出来るのが魅力のステッピングモーターを採用した7枚羽根のレンズです。

今回は価格についてはふれていませんが、レンズは非常に高価なものです。

ぜひ 慎重に選びたいですね(^_-)-☆。

次回には、わたしも単焦点を使って写真をアップしていくので、ぜひぜひお楽しみに!。

それでは今回はここまで。。。

あみりんでした。

※レンズにはMCフィルター(マルチコーティング)を最低限つけましょう!。レンズが傷つく前に保護する必要があります。レンズフードは(あみりんはつけてますが(-_-;))季節にもよりますが、できればつけましょう。見た目にもおススメです。




この記事へのコメント